MENU

Special Contents「プレシャスのこだわり」

PRECIOUS PRESTIGEは、株式会社プレシャスが創立100年を機に立ち上げたオリジナルブランドで、
現在では当社を代表するブランドへと成長しました。
代表取締役 佐藤 亘が「プレシャスのこだわり」について語ります。

エキゾチックレザーを扱うようになったきっかけ

20年以上前のことになりますが、お得意様から依頼がありパイソンとオーストリッチのバッグを製作したことが始まりです。当時これらの革を扱っている業者は少なく、日本はもちろん海外の工場にも足を運び技術力のある革の加工会社を探し回りました。自分のイメージする革がなかなか見つからず最初は大変でした。その過程で爬虫類皮革を扱う会社との出会いがあり、気がつけばエキゾチックレザーの虜になってしまっていたんです。

エキゾチックレザーの魅力

何と答えれば良いのか…すべてにおいて魅かれるのです。特にクロコダイルとガルーシャは輝きの魅力といいますか、魔力を感じるんです(笑) 見ていても触っていても飽きなくて、頭の中に作りたい商品がどんどん浮かんでくる。エキゾチックレザーは、革自体が非常に硬いので加工するのが非常に難しく、専門的な知識や技術が必要です。だからこそ商品として出来上がった時の喜びが大きい。僕はラッキーなことに父が腕利きのバッグ職人だったので、自分の描いたデザインは、父を中心とした職人たちが見事に形にしてくれるのです。それは時として自分のイメージ以上のものになっていて、商品を出荷する際はまるで自分の子供を送り出すような心境になります。

曾祖父、祖父、父から―― 4代目として思うこと

曾祖父、祖父ともにがま口の口金を作る職人で、父は現在も現役のバッグ職人です。祖父にはとても可愛がってもらい、工場にあったがま口の工具で良く遊んだものです。父がバッグの製造を始めた時も会社によく行きました。革の匂いが好きで、山積みになっている牛革の上で遊んだりしながら父の仕事を見ていたのを覚えています。そんな家族の影響なのか、僕自身も次第に「モノづくり」をしたいと思うようになり、デザイン学校に進みインダストリアルデザインを学びました。革が身近にあったので、学生時代には椅子やソファなどを作ったりしていましたね。

父の時代はライセンス商品など、良いものを作れば売れる時代だったと思います。しかし、今の時代は単にクオリティが良いだけでは売れません。市場が何を求めているかを敏感に察知しながらデザインや実用性、時代性を反映させた上で、メーカー側から魅力あるプレゼンテーションをしていかなければならないと感じています。その想いすべてを形にしたのが、僕が常日頃から使っているパイソンのトートバッグ です。仕事でもプライベートでも使うことを前提に、ペン入れやポケットなど、使い勝手と収納力に徹底的にこだわりました。構想3年、自分のために作ったものですが、お得意様からも大変好評で今ではPRECIOUS PRESTIGEを代表するバッグになっています。

将来の夢と今後の展開について

エキゾチックレザーは、まだまだ一般的な素材ではありません。だからこそ若い方に気軽に持っていただき、その滑らかで艶やかな極上の素材感を感じていただきたいです。クロコダイルは牛革の10倍の強度があるといわれ、バッグなどにするとお手入れ次第で一生ものにもなり得ます。PRECIOUS PRESTIGEの商品コンセプトは「人生に寄り添うバッグ」です。皮革は年数を重ねるごとに味わい深い変化をもたらします。それは人が歳を重ねるたびに白髪や皺が増えてくるのと同じです。エイジング(経年変化)はエキゾチックレザーの最大の醍醐味だと思います。また、光沢が薄れてしまったクロコダイルは、磨きをかけることで美しい輝きが蘇り、ファスナーやボタンが壊れた場合でも修理が可能です。ご購入いただいた後のメンテナンスにも力を入れ、お客様の人生に寄り添う商品を提供していきたいと考えています。

PRECIOUS PRESTIGEの商品の取り扱い店は、GINZA SIX、そごう横浜店、松坂屋静岡店・名古屋店、大丸京都店・神戸店などです。将来はアジアを中心に日本では東京、名古屋、大阪の直営店3店舗、海外ではバンコクとドバイに出店できればと考えています。仕事柄タイのバンコクに出張に行くことが多いのですが、直行便があるのでクウェートからの旅行客を良く見かけるのです。クウェートの方たちには爬虫類革のバッグが人気で、たくさんの方がデパートや専門店で購入されています。その様子を見ていて当社の技術力を集結したPRECIOUS PRESTIGEの商品ならきっとクウェートの方、さらに中東の方にも満足していただけるのではないかと思うのです。大きな夢ですけど(笑)

モノづくりが僕の原点。これからもお客様が求める商品を追求し続け、妥協することなくオンリーワンとなれる商品を提供するのが使命だと感じています。単なるバッグメーカーではなく、クリエイター集団として「プレシャスな逸品」をお届けしていきたいです。

当社の代表取締役 佐藤 亘のこだわりあるモノづくりに終わりはありません。
今後のPRECIOUS PRESTIGEにどうぞご期待ください。

Page Top